肝臓と疲れには、深い関係があります。 例えば、日頃の疲れが蓄積されると、肝臓疲労を引き起こします。 肝臓が疲労してしまうと、肝臓の機能を低下させ、正常な働きができなくなるので注意してください。 そして、肝臓の機能が低下すると、いつもよりも疲れやすくなります。 いつもなら疲れないようなことでも、肝臓機能が低下していると酷い疲労感を覚えます。 そのため、最近なんだか疲れやすいと感じている人は、肝臓の機能が低下しているのかもしれません。 肝臓の機能が低下する主な原因は、食生活です。 栄養バランスの悪い食生活をしていると、肝臓に大きな負担をかけてしまって機能を低下させます。 また、アルコールとも関係しており、過度なアルコール摂取は肝臓によくありません。 アルコールを摂取すると、それを分解するために肝臓が必死で働きます。 しかし、過度に摂取すると肝臓の分解能力を超えてしまって、肝臓疲労を起こし、機能の低下を招くという訳です。 肝臓の機能を低下させないためにも、日頃の食生活や飲酒の量に注意してください。