どちらかというとDVDは扱いやすい?

その昔、主流だったビデオテープに代わり、DVDが注目されるようになりました。
映画作品などを購入するときも、DVDが普通ですよね。
また、DVDとBDの両方が販売されるパターンも増えてきました。
しかし、DVDならではの魅力もあり、DVDを重宝する人も少なくないでしょう。
画質のよさや容量の大きさを考えるなら、BDがよいかもしれません。
ただ、BDは思った以上にデリケートなのです。
光ディスクの断面図をみると、BDはDVDよりも保護層(カバー層)が薄いため、傷や汚れなどに反応しやすくなります。
そのため、保存するときは衝撃を受けにくいケースを使う必要があるのです。
もちろん、取扱いを慎重に行うのは、CDやDVDも同じですが、BDはより慎重にする必要があることを知っておきましょう。
このような理由から、DVDは扱いやすく、まだまだ需要が大きいのではないでしょうか。
大切な記録を長く残すためには、どのような記録媒体を使うかが大事なポイントです。
扱いやすさを考えてDVD作成を選ぶのもよいでしょう。
最新のツールを意識することは大切ですが、それにこだわるだけではなく、自分の身近な存在を見直してはいかがでしょうか。